【逆鱗日和W】第51回:相棒、足並みをそろえず

【モンハンワールド:アイスボーン】逆鱗日和 第51回

 

しばらくシツコイくらい書き続けるが、俺は『モンスターハンター:ワールド』をさんざん遊んだデータを持っていながら、超大型アップデート『アイスボーン』も、イチからプレイしている。

つまり、ゼロからのやり直し!

無垢な状態からのリスタート!

生まれたばかりの赤ん坊状態ッ!!

とまあ、このようになっているわけです。

なんでそんなもったいないことをするのかと言えば、理由はイチもニもなく、

「また最初から、この世界観と向き合いたいから」

に他ならない。この判断は俺的には完全に正しく、ここ数日の記事で書いた通り、

“ルーキーハンター生活”を満喫しているのである。

相棒はひと言、「ヤダよ」と言った

とはいえ。

ひとりコソコソと場末の拠点を出入りし、むなしくソロでクエストを回しては、

「あーあ……。かつての仲間たちは皆、ナルガクルガやジンオウガ、ラージャンなんかとも渡り合っているんだろうなぁ……」

こんなことをつぶやくのは、やっぱりさみしいことである。

孤独な状況に陥って、改めて思ったわ。

「やっぱりモンハンは……仲間とワイワイ言いながらクエストに出掛けることが、至高の楽しみなんだよなー……!!」

ってね。

そこで俺は一計を案じ、同僚のたっちーに声を掛けることにした。こやつは『モンスターハンタークロス』以来の狩りの相棒であり、狩王決定戦にも毎回チームで参加している気心知れた存在である。

近くの席で梅昆布茶をすすっていたたっちーに、俺は「なあなあ」と声を掛けた。

「なあなあ。君も『アイスボーン』買ったんだろ?」

たっちーは俺のほうを1ミリも見ず、「ずずずずず……」と梅昆布茶を流し込みながら抑揚のない声で言った。

「もちろん、買ったで。どうせまた、狩王決定戦予選に出たいとか言うんやろ? それも見越してな」

俺は弾んだ声で「うんうん!」と言った。

「うむ! その通り!! それもあるのでぜひ、『アイスボーン』でも行動をともにしようや!

たっちーがようやく、メンド臭そうに俺のほうを見やった。「せやな。そうするしかなかろう」

そして俺は、この会話の本題を切り出した。

そこで!! 知っていると思うが、俺は『アイスボーン』もイチからのリスタートをしている。このゲームの世界観と、より密接に寄り添うためにな。つきましては相棒のキミも、俺と足並みをそろえるために、最初からプレイし直すのがいいかなーーーと^^^^

この提案に対し、たっちーの返事はあまりにもにべもなかった。

「え。ヤダよ

駆け上がるしかない!

俺はホカホカの南国から、人跡未踏の極寒の辺境に飛ばされたような心境になった。

うんうん、ヤダやだ^^^^…………って、ヤなのぉぉぉおお!!?! ちょ!!! つ、つまり、俺に付き合う気は、皆無だと!!!?

たっちー、「何をそんなに驚いているんだ」という冷たい表情で、俺に返す。

「せや。皆無どころか、絶無やで」

そ、そんな……。いままでいっしょにやってきたのに……(((( ;゚Д゚)))

俺の不満顔が気に入らなかったのだろう。たっちーはついに、鋭い舌鋒で俺を刺してきたではないか!!

「そもそも……なんでわしまで、キサマのマゾプレイに付き合わなきゃならんねん!!! イチからやりたけりゃ、ひとりでやってろや!!! わしを巻き込もうとするんじゃねえええええ!!!(怒)

その剣幕に俺は椅子から転げ落ち、ついつい賛同の意を表明してしまう。

「ででで、ですよねぇぇぇぇぇえええ!!!!><」

たっちーは「ふんっ!」と鼻から息を吐き出し、

「わかったら寝る間も惜しんで狩りに勤しみ、わしのところまで駆け上がってこいや!! それが……マゾで有名な、世界一のガンランサー(笑)やろ!!

そう言って、俺の目の前で『アイスボーン』で遊び始めたのだった。


いましばしのお待ちを

 

たっちーキャラ
レウス
拠点にて

「あー楽しい^^ もうこのままひとりで、マスタークラスまで行っちゃおうかなあ^^^

ニコニコと笑いながらプレイする相棒に向かって、俺は泣きながら、

「そそそ、それだけは!!>< すぐにそちらに参りますので、いましばらくお待ちを!!!><」

卑屈に懇願するしかないのであった……。

続く……w