【逆鱗日和W】第52回:リオレウスとディアブロス

【モンハンワールド:アイスボーン】逆鱗日和 第52回

 

相棒のたっちーに足並みをそろえることを断られたので、

とりあえず上位に行くまでは、駆け足でお伝えしたいと思う。

パオウルムーもラドバルキンも

『モンスターハンター』というゲームの基本は、物語の展開に合わせて広がるフィールドに降り立ち、自然の移ろいと生き物たちの営みに寄り添いながら、生態系の一部となってモンスターと共存していくことである。

生きるために自然の恵みをいただくこともあれば、モンスターと壮絶な生存競争をくり広げなければいけないこともある。無辺の小宇宙の中ではハンターなんて小さな駒のひとつにすぎないが、それでも、生態系に組み込まれたものとして、多くのモンスターたちと渡り合っていかねばならない。

狩りの舞台を、古代樹の森から大蟻塚の荒地へ、そして陸珊瑚の大地、瘴気の谷へと広げていった俺は、数々の名物モンスターに出会った。

たとえば、“パオウルムー”

パオウルムー
パオウルムー

以前、“空飛ぶモフモフ”とブログに書いたが、

ここは通過点とばかりに、あっさりと狩猟させてもらった。

“ラドバルキン”についても、コラムにしたことがあったな。

ラドバルキン

ウラガンキンもそうだけど、俺はこの圧縮された巨大タイヤのようなフォルムが大好きで、強敵だとはわかっていながらも、目の前に現れるとついついワクワクとしてしまう。

まあでも、「きゃーーー!! かっこいいかっこいい!」と手放しで褒めたたえ、ラドバルキンのほうも、

「いやぁ~~~^^ それほどでもぉ~~~^^^^」

なんて、まんざらでもない顔をしたところで、きっちりと狩らせてもらうわけだが。

ラドバルキン

このあたりの生存競争のきびしさが、いかにも『モンハン』的である。


ルーキーハンターの壁たちを

さらに、俺は狩猟の手を緩めず、陸珊瑚の大地と瘴気の谷に入り浸った。

これ、“だらだらハンティング”をポリシーにしている俺にしては、スゴイことでありますよ。

いつもだったら間違いなく鉱石集めや虫集め、さらに先日も記事にした写真撮影にうつつを抜かして、メインのクエストにはひとつも手をつけないタイミングだわ。

でも、今回は違う。

空いた時間があったらひとつでも多くのクエストをこなし、お話を進めてしまいたい。……いや、進めなければならないのだ。じゃないと……いつまで経っても、『アイスボーン』の世界に入っていけねええええ!!www 俺も早く、ナルガクルガやラージャンのことを書きてえんだよぉぉおおお!!!www

なので、多くのルーキーハンターが苦戦させられるであろう“レイギエナ”や“オドガロン”も、俺にとっては通過点である。

レイギエナ
レイギエナ
オドガロン
オドガロン

ここまで、一度も力尽きていない。ていうか、危ないシーンもひとつもないんじゃないかと思う。狩猟生活は、極めて順調だ。

上位に上がるために

とはいえ、ここまでは“想定内”の流れである。なんたって、一度通過した場所だからな。烈海王風に言えば、

「この場所はすでに、1年前に通過しているッッッ!!!」

って感じである。

……そう、問題はここから。

上位に上がる前に、いくつかの関門を越えなければならないのである。

「……出たな」

古代樹の森の頂上。

暗闇に浮かぶ真っ赤な翼を見上げつつ、俺はガンランスを構えた。

リオレウス

「さあ、やりあおうか、リオレウス!!!」

上位に上がるための最初の壁--。

空の王者・リオレウスと、荒地に君臨するディアブロスとの、最初の激闘が始まった。

続く。